忍者ブログ
思った事を呟きます
[347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [337] [336]
165/55-15というサイズは165/55-14よりもタイヤメーカーからの扱いが冷たい(笑)

ゼストの時はとりあえずタイヤメーカーのスポーツ系タイヤが有ったのにN-ONEにしたらスポーツ系タイヤが一切無くなりました。
サーキットを走りたい訳ではなく、自分が止まりたいと思う距離で止まることが出来て咄嗟の回避などでも動きが破綻しないだけの性能が欲しいだけなのに、いわゆるエコタイヤしか無いのが不満でした。

ショップを通じたり、ショップに来ていた営業さんにもエコタイヤじゃないタイヤを出して欲しいと言ってきたのですがなかなか出ず(; ̄ー ̄A

165/55-15のネオバが出回っているとネットで見た時にはネオバまでの性能は勿体無いけど、やっとそういうタイヤが選べるようになりそうだと嬉しかったです。
それからしばらく経ちS660の純正タイヤがネオバだと知った時に、出回っていたネオバはこれのために作られたタイヤだったのだろうと思いました。

時期を同じくしてアルトターボの純正タイヤにポテンザがつきそうだという記事が出て、やっとアドバンとポテンザというスポーツ系タイヤが出てくる環境になってきたのだと嬉しいのと同時に、何も選べなかった所から市販品を待つか他車の純正タイヤを使うかという新たな段階に入りました。

B250は強めにブレーキを踏むと簡単にロックして派手にスキール音がするし雨でも晴れでもハンドルに伝わってくる感覚が変わらないという不満は有るけど、最近のエコタイヤよりはまだマシだったのと、まだ溝があるし勿体無いから市販品を待つのもアリダヨナァなんて思っていた土古路にスラッシュでの14インチはあり得ないほど怖いという事態になり両車とも15インチを検討せざるをえなくなりました。

ショップの社長さんに相談して、ミッドシップのフロント用に作られたネオバよりはFFベースのアルトターボ用のポテンザの方がN-ONEに使うには合っているだろう(此処には書けないポテンザの性能を実感したエピソードも含めて)とのアドバイスからアルトターボ用のポテンザRE050Aを購入することになりました。

交換して200キロほど走りましたが、ショップから出る時からハンドルの適度な重さと明らかに違う安心感が『やっぱりポテンザだよなぁ』と嬉しかったです。
高速道路で坂道を加速した場合の燃費計の数値の落ちかたはエコタイヤとは違うなぁと思うけど、渋滞やらのんびり走行やら色々な交通環境を走るのでトータルで見れば走り方での誤差で収まるだろうと思います。

雨はまだ走ってないですが、常に不満や不安を抱えて走ることを思えば良い買い物をしたと思います。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/22 管理人]
[06/02 管理人]
[05/25 管理人]
[11/01 管理人]
[09/13 管理人]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kimama
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析