忍者ブログ
思った事を呟きます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
N-ONE
50009キロ

報告 その1

とりあえず帰り道ですぐに気になったのは、1500から2000回転ぐらいでアクセルオフから再加速するために踏んだ時に『キュー』とか『ヒュー』とかいう音が聞こえる時があります。
止まる直前にも聞こえる時がありました。

自宅付近まで来る頃にはあまりしなくなったのは不思議です。
メモリを忘れたのでラジオを聞いて走っていたのですが、ラジオのボリュームを下げて走った方があまり聞こえなかった気がします。
ラジオに乗るにしても通勤の行きではラジオなのに気にならなかったのも不思議です。
ただ、再現性に乏しい事象なのでなんとも言えず(>_<)

今までもしていたと言うには、街中を走る分には体感的にそんなに静かになったとは思えないのですが…


スピードの乗り自体、かなりヤバいものがあります。
すぐに『やわ』キロ…

停止からの発進はそれほど変化は感じませんが、そこからのスピードの乗りは体感的にスムーズというよりも同じように加速しているつもりなのに、メーターを見ると出ているスピードが10キロぐらい速いです。

ハンドリングは、新城カントリーまで行く途中に散乱物を避けたつもりが思い切り踏んでしまいました(>_<)

散乱物が広すぎというのもあるのですが、なるべく無い場所を選んだつもりが『バキッ』って大きな音が…

車の動きがダルい訳ではないのですが、軽快感は減ったと思います。

暴力的な動きが減ったのはコラムに貼った時にも感じましたが、昨日もお話しさせていただきました。
走っている時の動きの全てがドッシリした感じです。

ギャップのいなしは石巻から帰ってくる途中、石巻登山口の辺りで一車線から二車線になって直ぐに橋があります。
その橋の継ぎ目で盛大に跳ねるのですが、跳ねるストロークが体感的には半分は大げさなので今までの4分の3ぐらいの跳ねになり、着地してからの衝撃は半分くらいに感じました。

車椅子が後ろでギシギシいうのも、全く無いとは言えませんがごくたまにキュッて鳴くぐらいなのでリアの捻れ?揺すられ?が減っているのでしょうね。

長くなりましたが、ざっとファーストインプレッションを書かせていただきました。
高速は通勤で使わないとわかりませんからね(笑)

ここまで
PR
水曜日にあずけた装具ですが、担当者から「金曜日に発送するので早ければ土曜日に届くと思います」と言われていました。

先ほど、買い物から帰ってきたら宅配便の人が届けに来てくれていました。
再配達になる寸前でした(^^;

無くてはならない物なので早い対応というのは本当に助かります。




水曜日に装具会社の担当者から連絡がありました。

以前は無料で修理をしてくれましたが、今回は「代金のお支払方法はバネの時と同じでコンビニ払いで宜しいですか?」と聞かれたので「それで結構です」とこたえました。

装具会社も慈善事業ではないし購入して2年近く経つのだから、社員の作業も材料費も必要なので無料でやってくれるべきとは言いません。

修理代が3000円から4000円ほど掛かると思うと言われたので、それも了承しました。

昨日、担当者から連絡がありました。
『溶接で直すことは可能だけど、折れて弱くなった部分を溶接して直す方法と支柱を新しいものにする方法があり、どちらが良いか?』というものでした。

今までも何度か折れているので、修理と言えば溶接だと思っていたところに支柱を交換するという提案です。

装具会社としては、より安心して使える方法として折れた支柱を交換する方法があるけど費用が掛かるから聞いてきたのでしょう。
修理に10000円ほど掛かるとの事でしたが、せっかく提案してくれたのだから支柱を交換する方法で依頼しました。

本当は外側の支柱も交換すれば安心して使えるのですが、直ぐに折れるとも折れないとも言えない物を交換するには値段が高いから担当者もどちらとも言えず私に判断を委ねる形でした。

いっそのこと全て交換すれば安心ですが片足で2万、両足なら4万です。
壊れたら歩けないのだから必要な出費として出せない訳ではないけど、今回は折れた支柱だけにしました。

会社帰りに担当者から連絡があり、昼間の値段では足りず一本で19000円ほど掛かるとの事でした。
公費の補助が有れば半額くらいの自己負担になるのかもしれませんが、自腹で直すので全額となると倍額なのかもしれません。

「直さなければ歩けないのだから仕方ないね」と笑ってその金額を了承しました。


担当者の確認不足と言ってしまえばそれまでですが、直してもらわないと困るのは私ですし特段怒るような事でもないので、修理をお願いして電話を切りました。
12年前の今日、私は緊急手術を受けたけれど麻痺が残りました。

なぜ忘れないかというと、目が覚めた翌日の新聞のトップ記事が列車事故の記事だったから…

葬儀の最中、一瞬歩けなくなった時も数分で歩けたのであまり深刻に受け止めなかった事、その後も単なる腰痛だと思って医者にも行かず無理をした事、立てなくなってから手術前までの悔やんでも悔やみきれない数々の選択。

「手術しても元には戻らないかもしれないが、手術しなければ立てないまま」と言われて選択の余地なしで受けた手術。

手術後に直面した手術しても足が動かないという現実。
時間が経てば元通りになると思っていたものが無理だと思い知らされた時は過去の行動や選択を悔やむしかありませんでした。

まともに座っていられない状態からベットサイドで膝を伸ばしたり太ももを上げるリハビリ。
落ちた筋力では重力に負けて上がりませんでした。

車椅子に乗れるようになり、リハビリ室まで行って起立台での体幹トレーニングや電気での筋肉へ刺激を与える治療。

長下肢装具を初めて見たときの感想(落胆)はここには書けません(T_T)

約4ヶ月の入院で、なんとか短下肢装具でつかまり立ち出来る程度まで回復。
地元のクリニックへの車椅子での通院。

手術から一年半近く経って、ロフストランド杖でなんとか外出出来るようになり復職。
とりあえず解雇だけは免れた事が嬉しかったですが、会社でも色々な事がありました。

あれから12年…何が変わったのだろう。

会社でトイレから戻るときに何か違和感を感じたので、自席で確認したら右足の装具の支柱が折れていました。

常に確認しながら使っている訳ではないですが、朝着ける時には普段と変わらなかったと思うので会社で歩いている時に突然折れたのだと思います。

昼過ぎに気付いたのですが、とりあえずガムテープでグルグル巻きにして半日過ごしました。

装具会社に連絡してクリニックにあずけておくので担当者に持ち帰って修理してもらうように依頼しました。

2年前のGW中に支柱が折れた記録が残っていました。
今回もGWが近い…

会社で折れたのはタイミングとしてはあまり良くなかったとは思いますが、転ぶこともなく早く気付いて良かったと思います。






忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/22 管理人]
[06/02 管理人]
[05/25 管理人]
[11/01 管理人]
[09/13 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kimama
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析