忍者ブログ
思った事を呟きます
[493] [492] [491] [490] [489] [488] [487] [486] [485] [484] [483]
12年前の今日、私は緊急手術を受けたけれど麻痺が残りました。

なぜ忘れないかというと、目が覚めた翌日の新聞のトップ記事が列車事故の記事だったから…

葬儀の最中、一瞬歩けなくなった時も数分で歩けたのであまり深刻に受け止めなかった事、その後も単なる腰痛だと思って医者にも行かず無理をした事、立てなくなってから手術前までの悔やんでも悔やみきれない数々の選択。

「手術しても元には戻らないかもしれないが、手術しなければ立てないまま」と言われて選択の余地なしで受けた手術。

手術後に直面した手術しても足が動かないという現実。
時間が経てば元通りになると思っていたものが無理だと思い知らされた時は過去の行動や選択を悔やむしかありませんでした。

まともに座っていられない状態からベットサイドで膝を伸ばしたり太ももを上げるリハビリ。
落ちた筋力では重力に負けて上がりませんでした。

車椅子に乗れるようになり、リハビリ室まで行って起立台での体幹トレーニングや電気での筋肉へ刺激を与える治療。

長下肢装具を初めて見たときの感想(落胆)はここには書けません(T_T)

約4ヶ月の入院で、なんとか短下肢装具でつかまり立ち出来る程度まで回復。
地元のクリニックへの車椅子での通院。

手術から一年半近く経って、ロフストランド杖でなんとか外出出来るようになり復職。
とりあえず解雇だけは免れた事が嬉しかったですが、会社でも色々な事がありました。

あれから12年…何が変わったのだろう。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/22 管理人]
[06/02 管理人]
[05/25 管理人]
[11/01 管理人]
[09/13 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kimama
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析